新築購入における業者の倒産時の対策方法

新築物件を購入するとき、一応法律で10年間は修理などを無償で行ってもらえるようになっています。
安心して住むことができますが、もし業者が倒産してしまったらどうなるかです。
存続会社などがあればそちらに言えば何とかしてもらえるかもしれません。
しかし工務店などだと存続会社などがないかの可能性もあります。
住宅を販売する業者に関しては、将来の倒産に備えた一定の措置を取らなくてはいけないとされています。
一つは供託で、手掛けた住宅に対して一定額をキープしておきます。
倒産したとしてもそのお金は残され、何かがあったときにその供託金から払われて措置が取られるようになっています。
それ以外には、業者が倒産をしたときのための保険に入っています。
毎月一定の掛け金を支払っておき、もし倒産したらそれ以降は保険会社から必要なお金が払われるようになっています。
これらの連絡はその会社が倒産をしたときなどにしてもらえるでしょう。
保険会社に請求をして、そのお金で修理などをしてもらいます。

賃貸 リノベーション
物件専門のお部屋探しサイトです

サービスアパートメント 東京

最新記事

  • 住宅を建てる時、住宅以外にいろいろな建具などを設置してもらうかもしれません。
    境界に塀を設置し …

    続きはコチラ…

  • 新築の分譲マンションを購入するとき、人気物件になると抽選になるときもあります。
    ですから、気に …

    続きはコチラ…

  • 住宅を売却するとき、不動産業者などと相談をして売却価格を決めます。
    基本的には希望の金額を出せ …

    続きはコチラ…