売る契約をした後により高く買いたい人が出た

住宅を売却するとき、不動産業者などと相談をして売却価格を決めます。
基本的には希望の金額を出せますが、あまり希望を高くし過ぎると売れません。
業者は相場を知っていますから、これくらいなら売れると教えてくれます。
どうしても高く売りたいときは、その金額に少し上乗せする程度にしないといけません。
何とか提示価格において売却先が決まり、契約もして手付金を受け取ったとします。
その後にある人からこの物件を売ってほしいとの話が来ました。
既に契約してしまったことを伝えると、その人よりも高く買うのでどうしても売ってほしいと言ってきました。
その時はどうすればいいかです。
もし新たな希望者に売却するのであれば、従前の契約の解除が必要になります。
その時は手付の倍返しになります。
つまりは手付金相当額が損になります。
新たな購入者が当初の売却額に手付金を加えた額以上の支払いをしてくれるのであれば、手付金を払ってでも解約をした方がいいことになります。