品確法における10年間保証の対象はどこまでか

住宅を建てる時、住宅以外にいろいろな建具などを設置してもらうかもしれません。
境界に塀を設置してもらったり、門を設置してもらうこともあります。
住宅にウッドデッキを設置してもらったり、簡易の倉庫などを取付けてもらうこともあります。
元々の建物とは別に設置してもらうときもあります。
品確法においては、10年間の間に何かトラブルがあったとき、それに対する無償の対応をしてもらえます。
家が傾いたり雨漏りがしたなどの時には、それらに対する修理をしてもらうことができます。
では、住宅以外の設備の部分に対して行ってもらうことができるかです。
その部分は契約によって異なります。
品確法では、構造耐力上主要な部分及び雨水の侵入を防止する部分に対して保証をするとしています。
その他の部分において何らかの問題があったとしても、それに対する修理をする義務はありません。
もちろんそれぞれの業者が独自に保証をつけている場合があり、それによって無償対応してもらえる可能性はあります。