住宅の購入契約でのクーリングオフはできるか

訪問販売などでは、販売者のトークによってつい不要なものを購入してしまうことがあります。
この時にはクーリングオフができる可能性があります。
8日以内に所定の書類のやり取りをすれば、解除することができます。
では、住宅の購入契約においてクーリングオフができるかどうかです。
住宅の購入に関しては、いろいろな状況があります。
そもそも販売業者が自宅に訪問をして、その場の話だけで契約を進めてしまったのであれば、その契約をクーリングオフすることはできそうです。
しかし、自ら購入の意思を示している行動があるなら、それをクーリングオフすることはできません。
新築分譲マンションにおいて、モデルルームなどで契約をすることがあるかもしれません。
そのモデルルームに自分で申し込み、自分で言って契約をしたときには、意識的な契約なります。
一戸建てに関しても同じで、自分で探して契約を行ったときには、クーリングオフの条件にあてはまりません。